衛生兵0号のきりたんぽ
衛生兵0号の日々雑感。
PROFILE
衛生兵0号
  • Author:衛生兵0号
  • 衛生兵0の日々雑感。
    現在、ムネシゲ8ヶ月!
    今年も頼むよ、タイガース!
  • RSS1.0

  • 一行掲示板

    CALENDAR
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • 引っ越しました(02/26)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月30日沼津旅行1日目その1(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月25日階段を登るの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月23日サプライズ帰省の巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月19日たまごボーロデビューの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月18日いたずら電話②の巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月14日ボクも食べたいの巻(04/18)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月13日ストロートレーニングの巻(04/18)

  • RECENT COMMENTS
  • なつかしの・・・
    ミカ(11/18)
  • 引っ越しました
    熟女(11/10)
  • なつかしの・・・
    セフレ(08/30)
  • なつかしの・・・
    出会いx(08/26)
  • なつかしの・・・
    セフ(08/26)
  • なつかしの・・・
    人妻x(08/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月11日の健診の巻
    (05/11)
  • なつかしの・・・
    美容整形(03/25)
  • なつかしの・・・
    SEO対策(03/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    0号(04/27)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    COMMON(04/22)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻
    節約上手ブログ(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月30日アークヒルズでお花見の巻
    旅行マニア(04/11)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    0号(04/07)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    COMMON(04/06)

  • RECENT TRACKBACKS

    CATEGORY

    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年04月 (19)
  • 2007年03月 (24)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (4)
  • 2005年06月 (2)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (28)
  • 2005年03月 (13)
  • 2005年02月 (2)

  • LINKS
  • COMMON室
  • COMMON'S TALK
  • 優雅なる皇帝記Ⅱ
  • 衛生兵2号の新婚つれづれ日記
  • Barn&ふひ。の部屋
  • 幕僚日誌Ⅲ
  • 幕僚日誌Ⅲ(ミラーサイト)
  • とらそざい

  • SEARCH


    カウンター


     2005.02.26:ブログ開始
     2005.10.11:カウンター設置
     この間のカウントはないです(T_T)

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    バリ島旅行記~14日目
    5月8日

    16日もバリ島に泊まるなんて長ぇー!!と思っていた旅行ですが、あさってには日本に帰るんだなと思うと少し寂しい0号です。

    0号の腹痛も治まり体調もようやく万全ですが、今日の午前中は部屋でゆっくりすることにしました。
    だらだらガイドブックを読んだり、夫はゲームボーイで遊んだりして昼に。
    昼ご飯はここのところ毎日通っている、ホテルの裏にあるIKAにいきました。先日、IKAにフィレステーキがあるのをメニューで発見し、どうしても食べたかったので0号はそれにしました。夫は空芯菜と肉の炒め物です。1つずつ白飯も注文しました。氷入りの飲み物には何度も痛い目にあっているので、ビン入りのコーラとスプライト(各RP3000)も頼みました。

    注文したフィレステーキは、何の肉かはちょっと判別できませんでしたが、美味しかったです。フィレ=牛と考えていた0号ですが、色が牛肉らしくないのと値段が安い(RP18000)ので分からなくなりました。フライドポテトとミックスベジタブルも大量に添えてありましたよ。夫の空芯菜の炒め物はにんにくが効いた塩味で大変美味しかったです。白飯は残念ながらイマイチでした。

    食事のあと、少し休憩をして海に出かけました。練馬にいたことのあるシゲさん松崎しげるに似ている)からロングボードを1つ借りてサーフィン!!!ボードのレンタル料は3時間でRP10万。

    サーフスクール落ちこぼれの0号はあまりやりたくないんで、波に合わせて泳ぐというのを繰り返していました。夫はその間、サーフスクールで習ったことを復習です。しばらくすると夫が0号に「0号も少しサーフィンしたら?」といいます。非常に乗り気でないのですが、夫がせっかく勧めてくれたからと思って1回だけ乗ることにしました。夫が板を押さえてくれて、いい波が来たら手を離す、ということになりました。

    しかし!夫が「この波はアカン」とやり過ごそうとした波が結構デカくて、板がひっくり返ってしまい、0号はシャチホコか!というほど反り返ったあと海に投げ出されてしまいました。元から悪い腰をシャチホコでさらに悪化させてしまった0号は、サーフィンをあきらめ、波打ち際で巻貝探しに専念することにしました。あまりの腰の痛さに半べそです。

    シゲさんが「明日もこの値段で貸すよ」と言ってくれたので、明日は午前に来ると言い残して水着でバイクに乗って帰りました。夫の推奨するライダー格好とは対極ですな。

    そういや、今日は母の日だったね!ということで、晩御飯のあとにそれぞれの母に電話しました。日本とバリ島は時差が1時間しかないので、電話の時間もあまり計算せずに済みます。

    この日NHKで放送された番組が、秋田の剣士のドキュメントでした。0号の高校の剣道部の監督や教育実習でお世話になった先生が出ていてびっくりするやら、懐かしいやら。バリ島にこなかったらこの番組は見られなかったな(再放送だったので)、となんだか不思議なめぐり合わせを感じました。
    DSC02393.png

    ↑海の近く。右の建物はハードロックホテル
    【2005/08/18 00:37】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    バリ島旅行記~13日目
    5月7日

    まだ若干の腹痛が残る0号です。今日は夫も腹に波が来ているようです。0号ほどの大波ではないようですが。。。
    まだ誰にもお土産を買ってなかったことに気付き、ビーチを歩いてマタハリに行くことにしました。ホテルの裏口を出て右に歩いていくと、200mくらいでビーチに着きます。その途中にはIKAがあったり、猫がいる商店があったりします。猫がいる商店では、思わず猫にかまってしまいました。そういえば、夫の実家に預けてきたうちの猫たち(つるとみや)は元気かなあ。。。
    ビーチに着くと、いつもよりもサーファーの数が少ないです。日本のゴールデンウィークは終わりに近づいているので、日本人が減ったからでしょうか。

    マタハリデパートの1階には、お土産コーナーがあります。ほんと、色んなものが売ってますよ。あんまりあり過ぎて、何を買ったらいいのか困るのですよ。友人たちには、バスソルトや石鹸、猫の置物なんかをすぐに選ぶことができたのですが、夫の実家に何を買うかで悩みました。いらぬ木箱など贈ってもなぁ、としばらく悩み、アロマのセットを購入しました。あとは、大量のバリコーヒーと紅茶です。
    マタハリでの会計の仕方は日本のデパートと少し違います。店員さんを呼んで、買うものの伝票を書いてもらうのです。それを持ってレジに並びます。レジの人は伝票を見てレジを打ちます。沢山買うときには面倒でした。ただ、食料品売り場だけはそのままカゴのものをレジで打ってもらいます。そして、おつりはRP1000より少ない場合は切捨てで、その代わりRP100につきメントスを一粒もらえます。メントスも相当溜まりましたよ。。。

    それから、マタハリには店員がわんさかいます。下手すると客の数よりも店員の方が多いときすらあります。で、何をしているかというと、客の相手をしている店員以外は世間話!!!しゃがんだり、立ったりして世間話です。日本の感覚でマタハリに入るとびっくりします。

    今日のお昼は、日本からネットで調べていった「テラス・カユ」で食べることにしました。ここは場所がちょっと分かりにくく(0号たちには)前にもバイクに乗って行こうと思ったのですが、結局見つけることができませんでした。ですので、今日こそは行くぞ!と気合を入れました。で、あっさり見つかりました。前回惜しいところまで行ってたんですね。

    注文したのは、ナシゴレンカンプン(辛い)、アスパラのスープ、アヤムゴレン、オレンジジュースとアイスカプチーノです。
    ナシゴレンは辛いという情報を得てから行ったんですが、本当に辛かったです。スープは非常に美味しく、アヤムゴレンは鶏のムネ肉1枚を揚げて切ってありました。美味しかったです。飾り切りされた野菜がナシゴレン、アヤムゴレンに添えてあってキレイでしたよ!

    で、今日もクラブに行きました。夜の12時ごろにレギャンにある「66(ダブルシックス)」に行きました。12時だと全然人がおらず、ガラガラです。みんなも遠慮がちにフロアの隅で踊っています。2時ごろになってようやく人が集まりだしました。ここのクラブにはバンジージャンプの設備があって、酔っ払った人がたまに飛ぶらしいですが、0号はどんなに酔っててもバンジージャンプだけはしたくないです。
    DSC02382.png

    ↑テラス・カユのナシゴレンカンプンとアスパラのスープ!
    【2005/08/15 00:32】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
    バリ島旅行記~12日目
    5月6日

    前夜から続く激しい腹痛で、今日は遊びに行けそうにありません。ずっと痛みが続くわけではなくて、何分かおきにズドーンと激痛がくるのです。その痛みたるや、寝ていても目が覚めるほどで、まるでエビのようになってうずくまって臍の右脇が痛むのをこらえました。とにかく体の中にある原因物質を出してしまわなければ!あとは脱水症状に気をつけないといけません。

    ホテルでは毎日11時ごろに掃除をしてくれます。掃除をしてくれるおばさん(日によって違う)が部屋に来た時に、夫が「彼女は腹が痛いんだ」と言うと、「近くに薬局があるよ」と教えてくれました。親切な人です。薬局は「アポテック」というらしいです。結局今日は掃除はしてもらわずに、トイレットペーパーとバスタオルだけ置いていってもらいました。いつ大波がくるか分かりませんからね。

    それにしても今日は夫にとっても、つまらない日になってしまいました。すまぬ、夫よ。夫は朝食をとった後にしばらくゲームボーイで遊んでいたのですが、「散歩がてら海行ってくるわ」と出かけました。

    その間0号は睡眠をとりました。

    次に目が覚めたときに、夫がマタハリデパートの袋を沢山提げて帰って来ました。0号のために食料を調達してきてくれたのです。夫の考える消化の良さそう、または便通を整えそうなものを買ってきてくれたようです。
    コーンフレーク、牛乳、ポカリスエット、ナタデココやゼリーなどでした。夫に感謝です。ポカリスエットを飲んで、牛乳をかけたコーンフレークを少し食べました。
    夫は散歩と買出しのついでにホテルの裏のIKAに行ってミーゴレンを食べてきたそうです。
    で、晩御飯もIKAに行きました。もう、IKAの常連ですよ。

    腹痛もだんだん治まってきた0号。今日はあるイベントがあったことに気付きました。ビーチ近くにあるハードロックカフェに有名なDJがくるらしいのです。と、いっても0号も夫もDJ界は全然知らないんですが。要はハードロックカフェに行きたかったんですな。
    で、行きました。有名DJがくるだけあって、長蛇の列ができてました。入場料とドリンク(赤ワインフルボトル)、食べ物(ナッツとフライドポテト)を注文して、全部でRP344000でした。

    入ると丁度、生バンドが演奏していたのですが、彼らは早々に引っ込んで、DJが音楽かけはじめました。
    0号も夫も、70年代の音楽を演奏するライブハウスには良く行くんですが、クラブとやらには初めて入ります。「これがトランスなのだな」と思いました。腹の底に響く重低音でガンガン音楽が流れてましたよ。あまり腹を刺激されるとまた波が来るので注意です。といいながらも、注文したワインと、大量の豆、ポテトを食べましたけどね。母に知れたら絶対怒られます。0.5号、お母さんには内緒な!

    地元の若者、旅行者の若者が踊り倒している隙間に、3mはありそうな銀蝿の親分みたいなのが踊ってました。中身は人なのが分かっていながらも怖かったです。


    【2005/08/14 02:09】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    バリ島旅行記~11日目②
    5月5日②

    潜水艦を降り、次は楽しみなアクティビティーです。
    まずはバナナボートに乗ることにしました。バナナボートは2列のバナナで構成されていました。他に日本人のカップル一組も一緒でした。0号は学生時代にに1列のバナナボートに乗ったことがありました。そのときは、曲がるたびに海に振り落とされていたのですが、今回は2列なので安定感がありました。乗るときこそグラグラして落ちるかと思いましたが、ボートが出発してからはあまり振り落とされるコワさはありませんでした。
    しかし隣のカップルは、引っ張るモーターボートが旋回するたびに「キャー」と大騒ぎでした。0号と夫は冷静に「曲がる方向の内側に体重をかける」動作に専念。モーターボートもおそらく、乗る人が落ちると厄介なので急旋回などはしません。
    4,5分でバナナボートは終了しました。アクティビティーは何度でもできるので、また乗ろう!と夫と話しました。

    次はシュノーケリングです。
    フィンと、マスクとシュノーケルを借ります。0号はシュノーケリングが大好きです。新婚旅行で行ったモルディブでのシュノーケリングが最高だったんですよ~。あ、深いところまでは行けないので、海の表面でテロテロ浮いているだけですけどね。
    バリの海にはクチのとがった魚がいたり、ずーっと同じところにたたずむ魚などがいました。種類は分からないですが。。。楽しいなぁ~と思ってずっとテロテロ浮いていたら、背中が物凄く日焼けしてしまいました。夫はちょっと上級なので、海の中へもぐって行ってました。浮いてきたらプシュッとシュノーケルから水を吐きます。0号も一回やって見ましたが、水が吐けずに死ぬかと思いました

    浮島には2階があって、2階にはデッキチェアーと、ウォータースライダーがあります。夫がまずスライダーに挑戦しました。「行ってくるで!」
    スライダーはシリンダー形状(円筒)なので出発したとたんに、こちらから見えなくなりました。しばらくすると、スライダーの先端から飛び出す夫が見え、海に放り出される様子と水に飛び込む音が確認できました。ずぶ濡れで帰ってきた夫は、0号にもスライダーを薦めるのですが、0号は苦手なんですよねー。こういうの。ジェットコースターも苦手だし。1回だけ乗りましたけど、「わあ~!」と叫んでいたらあっという間に海に放り出されましたよ。これはもういいや。

    お昼のバフェは11時から食べることができました。12時だと混んでいるのは分かりきったことなので、11時の始まりと同時にバフェに突入です。さすがに誰もいませんでした。ま、ラスベガスのバフェとは比べ物にならないほど規模は小さいのですが(船なんで)、思っていたよりも食事の品数は多かったです。牛肉や鶏肉、パスタ、野菜などを取り食べました。味もまあまあです。

    食後の休憩を取ってから、またアクティビティです。2時半には着替えて船に集合なので、2時間ほど時間がありました。夫はウォータースライダーを乗り倒し、0号はしばし昼寝。その後、シュノーケリングとバナナボートにもう一度乗りました。
    帰りの船が出発するまでに、船の1階でビールを飲んでいると一人の乗組員が近づいてきました。朝に撮った写真を売りに来たのですが、彼の日本語が堪能で話が盛り上がりました。インドネシアの言葉について教えてくれました。「サマサマ」という言葉が前から気になっていたのですが、「どういたしまして」という意味だということがました。現地では「トゥリマカシ(ありがとう)」に対して「サマサマ」と使うのをよく聞きました。いろいろ教えてもらったし、写真も日本円で300円程度だったので買いました。

    ホテルに帰ってから、レギャン通りにある「マカロニクラブ」に行きました。イタリアンレストランです。イタリア人オーナーがやっている流行の店です。バリ島産のワイン「ハッテン・ロゼ」とカルボナーラ、ラム肉の料理、マルガリータピザを注文しました。美味しかったです!やっぱり流行るには理由がありますね。内装もおしゃれだし。でも、結構量が多くて、大変でした。ワインフルボトルは多かった。。。
    そして、帰り道。レギャン通りを歩いてホテルに帰る途中にコンビニでビンタン(ビール)を買っていたところ、0号を猛烈な腹痛が襲いました
    バリに来てからというもの、小波の腹痛にはしょっちゅう襲われていましたが、これは大波だ!と買い物する夫を残し先にホテルへ。どうにかトイレは間に合いましたが、翌朝までひっきりなしに激痛が!!!何にあたった!?0号の腹痛の行方はいかに!!!
    DSC02370.png

    ↑繁盛するマカロニクラブ

    【2005/08/13 00:38】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    バリ島旅行記~11日目①
    5月5日

    そろそろ旅にも疲れてきた0号ですが、今日のレンボンガン島へのクルーズは楽しみでした。バリハイ・ツアーに申し込んでいたんですよ。8時にバリハイの人が車で迎えに来てくれ、サヌールの港まで送ってもらいました。
    今回は、レンボンガン島のそばの人工の浮島までいって、そこでシュノーケリングをしたり、バナナボートに乗ったりします。ツアー内容には朝食と昼食バフェも含まれています。

    迎えの車の中には、インドネシア人家族が乗っており、運転手さんと大盛り上がりでした。たまに、「タナロット」とか「キンタマーニ」という地名が出てきていたので、おそらく観光の話でもしていたのでしょう。

    サヌールまでは1時間弱でつきました。港のすぐそばのバリハイ社でおろしてもらい、そこで手続きをします。名前の確認とツアー内容の確認です。受付を済ませると赤の細長い紙を渡され、手首に巻いておくよう指示されました。オプションで色が分かれているようです。今回0号たちは何もオプションを付けませんでしたが、他に緑の紙やら、青の紙を渡されている人がいて、レンボンガン島に上陸する人、ダイビングやパラセーリングをする人などに分かれているようです。

    しばらく待合場所で待って、いよいよ乗船です。バリ島の伝統衣装を着たキレイなお姉さんたちが出迎えてくれます。出迎えるだけでなく、写真まで撮ります。間違いなく後で売りにくるんでしょうけど。

    乗船すると上の階へ通されました。上の階はサロン風になっていて、結構大き目の座席の区切りになっていました。相席は必至です。待っているときにはあまり大人数には感じませんでしたが、どんどん家族連れなどが乗船してきて、見る間に上の階は一杯になりました。
    0号と夫は4人がけのソファーに腰掛けました。となりには欧米人カップルが座りました。

    朝食のデニッシュが配られ、紅茶、コーヒーのサービスも始まりました。0号も夫もコーヒーをもらい、デニッシュを頬張りました。その間に船も出発です。

    もともと揺れに弱い0号なんですが、やっぱりこの船でも酔いました。夫は「普通、大型の船は酔わへんで」と不思議がっていましたが、ダメなものはダメでした。窓からできるだけ遠くを見て、酔いをごまかします。途中デッキに出て持参した双眼鏡で景色を眺めたり、デッキでのバンドの演奏を聴いたりして、およそ1時間半でレンボンガン島近くの浮島に到着しました。

    船酔い0号も元気に浮島上陸です。
    上陸するとすぐに、「サブマリーン、サブマリーン!」という声が聞こえます。「潜水艦かよ!」と0号が興奮していると、どうやらそれは、船底がガラス張りになっている船のことでした。夫に潜水艦乗ろうぜー!と提案し、1番に「なんちゃって潜水艦」に乗り込みました。潜水艦っぽい音が放送で流れています。はしごを降りていくと、ガラス張りの船内です。後から人が来るでしょうから端っこに詰めて乗ります。ちょうど船内が一杯になったところで、なんちゃって潜水艦は、「沈む」と言い出しました。始めから半分沈んでるのは内緒!
    潜水艦が動き始め、周りの景色も動き出します。魚を見つけては「ぉお~」と興奮。潜水艦は浮島の周りをぐるぐる回っているようでした。
    途中ふっとい鎖も見えて、浮島がつながれている様子も見えました。
    浮島の周りを1周したところで、潜水艦は浮上したようです。ま、始めから半分浮いてますけどね!潜水艦から降り、水着に着替えていよいよ楽しみなアクティビティー!イエー!
    アクティビティーの様子は明日!
    DSC02348.png

    ↑始めからちょっと沈んでるサブマリン
    【2005/08/09 23:47】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。