衛生兵0号のきりたんぽ
衛生兵0号の日々雑感。
PROFILE
衛生兵0号
  • Author:衛生兵0号
  • 衛生兵0の日々雑感。
    現在、ムネシゲ8ヶ月!
    今年も頼むよ、タイガース!
  • RSS1.0

  • 一行掲示板

    CALENDAR
    05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • 引っ越しました(02/26)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月30日沼津旅行1日目その1(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月25日階段を登るの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月23日サプライズ帰省の巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月19日たまごボーロデビューの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月18日いたずら電話②の巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月14日ボクも食べたいの巻(04/18)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月13日ストロートレーニングの巻(04/18)

  • RECENT COMMENTS
  • なつかしの・・・
    ミカ(11/18)
  • 引っ越しました
    熟女(11/10)
  • なつかしの・・・
    セフレ(08/30)
  • なつかしの・・・
    出会いx(08/26)
  • なつかしの・・・
    セフ(08/26)
  • なつかしの・・・
    人妻x(08/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月11日の健診の巻
    (05/11)
  • なつかしの・・・
    美容整形(03/25)
  • なつかしの・・・
    SEO対策(03/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    0号(04/27)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    COMMON(04/22)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻
    節約上手ブログ(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月30日アークヒルズでお花見の巻
    旅行マニア(04/11)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    0号(04/07)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    COMMON(04/06)

  • RECENT TRACKBACKS

    CATEGORY

    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年04月 (19)
  • 2007年03月 (24)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (4)
  • 2005年06月 (2)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (28)
  • 2005年03月 (13)
  • 2005年02月 (2)

  • LINKS
  • COMMON室
  • COMMON'S TALK
  • 優雅なる皇帝記Ⅱ
  • 衛生兵2号の新婚つれづれ日記
  • Barn&ふひ。の部屋
  • 幕僚日誌Ⅲ
  • 幕僚日誌Ⅲ(ミラーサイト)
  • とらそざい

  • SEARCH


    カウンター


     2005.02.26:ブログ開始
     2005.10.11:カウンター設置
     この間のカウントはないです(T_T)

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    バリ島旅行記~8日目
    昨日一日中寝ていたお陰で、熱が下がりました。とはいえ、まだ体調は完全ではないので、今日はちょっとだけバイクに乗って出かける事にしました。
    サンセットで有名なタナロット寺院です。サンセットで有名で、ローズスパのアリトさんにも「サンセットきれいです」と薦められました。でも夕方になるとそれを狙った観光バスが多数押し寄せることを知ったので、そんなのに巻き込まれたらたまったもんじゃないということで、午前中に行く事にしました。

    バイクに乗るときの服装は、0号はTシャツに、長ズボン、スニーカーです。夫が「バイクに乗る時は肌を出したらイカン!」と厳しく言うので、半そでTシャツと一緒に日本から持ってきた袖カバーをします。事務員のおじさんが袖にやってるやつですな!確かに転んだら痛いし、バイクの免許を取りに行った時に教習所でも、肌は出すなと言われてましたね、そういえば。
    で、そんなに0号に厳しくいう夫のカッコはどうかというと、軽装です。ノースリーブに、短パン、サンダル(バックバンド付)です。話が違うじゃないかー!と抗議すると、「ほんとはちゃんと服を着なアカンねん。俺はバイクをなめてんねん」と言い訳なのかなんなのかよくわからないことを言います。転んだら痛いんだよ、などと言いながらバイクに乗りました。

    ちなみにバリのライダーたちは、ほとんどの人が上着を着て走っています。このクソ暑いのに。
    0号はいつも夫の後ろに乗っていたので判りませんが、きっと前からの直射日光は半端ないはずです。夫の剥き出しの腕もどんどん黒くなってきています。上着があるのとないのでは随分違うんだろうなと思いました。

    タナロットはクタより北にあるので、いったんレギャン通りを南下し、ベモコーナーを右折しそのままビーチに向かって走り、道なりにずーっと進んで行きます。途中ハードロックホテルとカフェの前もとおります。

    もしかして、タナロットへの道順も書いてないんじゃないか?と0号と夫は心配しましたが、さすがに標識がありました。あと何キロかなんて便利な情報はありませんでしたが。タナロット方向へ向かって走っているライダーがだんだん限定されていくと、たくさんの荷物を積んだライダーが多いことに気づきました。「きっと、あの人たちタナロットで物を売るんだね」と、どこに行っても必ずついてまわる土産物屋に覚悟を決めました。

    しばらく進むと、突然道が通行止めになり右に曲がらされました。なんだなんだ??!と思っていると、高速道路の料金所みたいなところがあって、頭を丸めた僧侶風の人がこちらに手招きしています。ここがタナロットだったのです。近寄るとお金を取られました。これは駐車料金なんだろうか?と領収書を見ると、どうやら入場料のようでした。バイクを駐輪場に止め、寺院の方に歩いていきます。ここもすごい数の土産物屋があります。でも、サンセットの客を狙っているのか、まったく覇気がありません。まだ開いていない店さえあります。せっかく覚悟を決めてきたというのに、拍子抜けです。土産物屋の並ぶ道をしばらく歩くと、海が見えてきて、タナロット寺院が見えてきます。タナロット寺院は海の上に建つ寺院でした。正確に言うと、海の上に浮かぶ大きな岩があってその上にありました。ちょっと海を渡らないと寺院の岩へはたどりつきません。

    波打ち際近くの岩場でしばらく様子を見ることにしました。岩に腰掛けて、寺院をながめたり、下の砂場に小さい穴を掘る蟹を見つめたりしました。と、白人女性とバリニーズの女性がサロンを巻いてこちらに歩いてきます。そのまま海にザバザバ入って寺院にたどりついていました。海といってもそんなに深いわけではなく、ふくらはぎに届くか届かないかくらいでした。寺院のある岩の下の部分には穴があいており、そこに供物を供える祭壇があります。あと、それを管理するらしい僧侶がいます。さっき海を渡って行った女性二人はそこに供物を供え、跪いて祈りをささげていました。ちなみに異教徒はその穴のところまでしか行くことができず、そこから上にはいかれないようです。女性たちも穴のところで祈りを捧げたあと、帰ってきました。
    DSC02247s.png
    ↑タナロットと二人の女性

    上まで行かれんのやったら、意味ないなぁ」と夫がつまらなそうに言っていました。
    サンセットでなくてもタナロットは十分景色のいいところだし、0号は満足でした。

    ところで、タナロットの土産物屋のなかに「Polo」の店がありました。それも1軒だけでなく、2,3軒あったと思います。土産物屋の中というシチュエーションに加え、何軒もあるという胡散くささ!!そういえば、クタスクエアのマタハリデパートの近くでも何軒か見たななどと思い出しました。バッタもんなのか?と思い後で調べて見たところ、ライセンスを取得してインドネシアで作っているものだということが判りました。

    タナロットを後にし、昼ご飯を食べる場所を探すことにしました。タナロットからクタ方面に戻る途中にあるスミニャックに寄ることにしました。スミニャックは0号と夫がサーフィンを習った、リップカールがあるところです。リップカールの近くに雰囲気がよいレストランがあったので、そこに入りました。
    夫はナシゴレン、0号は食欲があまりないので、ソトアヤムという鶏肉のスープを注文しました。バリの人は肉と一緒にご飯を必ず食べるらしいので、スープだけ頼んだのにご飯もついてきました。
    このスープ、ほんのりカレー味でいろんな野菜、鶏肉、春雨が入っており大変おいしかったです。なにかっていうとナシゴレンを食べていた0号にサヨナラです。

    食事を終えてレストランから出ると、こないだ0号と夫に通訳してくれたサーフスクールのイワンがいました。「ナニシテルノ?」と聞かれ、「タナロットに行って来たよ」と答えました。「またサーフィンしないの?」とたずねるイワンに「ま、また機会があったらね」と明らかに乗り気でない返事を返してしまった0号
    ごめんね、イワン。君のことは忘れないよ。
    スポンサーサイト
    【2005/06/15 00:27】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。