衛生兵0号のきりたんぽ
衛生兵0号の日々雑感。
PROFILE
衛生兵0号
  • Author:衛生兵0号
  • 衛生兵0の日々雑感。
    現在、ムネシゲ8ヶ月!
    今年も頼むよ、タイガース!
  • RSS1.0

  • 一行掲示板

    CALENDAR
    03 | 2005/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • 引っ越しました(02/26)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月30日沼津旅行1日目その1(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月25日階段を登るの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月23日サプライズ帰省の巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月19日たまごボーロデビューの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月18日いたずら電話②の巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月14日ボクも食べたいの巻(04/18)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月13日ストロートレーニングの巻(04/18)

  • RECENT COMMENTS
  • なつかしの・・・
    ミカ(11/18)
  • 引っ越しました
    熟女(11/10)
  • なつかしの・・・
    セフレ(08/30)
  • なつかしの・・・
    出会いx(08/26)
  • なつかしの・・・
    セフ(08/26)
  • なつかしの・・・
    人妻x(08/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月11日の健診の巻
    (05/11)
  • なつかしの・・・
    美容整形(03/25)
  • なつかしの・・・
    SEO対策(03/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    0号(04/27)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    COMMON(04/22)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻
    節約上手ブログ(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月30日アークヒルズでお花見の巻
    旅行マニア(04/11)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    0号(04/07)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    COMMON(04/06)

  • RECENT TRACKBACKS

    CATEGORY

    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年04月 (19)
  • 2007年03月 (24)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (4)
  • 2005年06月 (2)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (28)
  • 2005年03月 (13)
  • 2005年02月 (2)

  • LINKS
  • COMMON室
  • COMMON'S TALK
  • 優雅なる皇帝記Ⅱ
  • 衛生兵2号の新婚つれづれ日記
  • Barn&ふひ。の部屋
  • 幕僚日誌Ⅲ
  • 幕僚日誌Ⅲ(ミラーサイト)
  • とらそざい

  • SEARCH


    カウンター


     2005.02.26:ブログ開始
     2005.10.11:カウンター設置
     この間のカウントはないです(T_T)

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    バリ島旅行記~4日目②
    10時から2時間半練習をしてお昼の時間になりました。
    スクールの事務所に戻るときにアメリカ人女性その1に英語で話しかけられました。「どうだった?」突然のことに少しうろたえてしまいましたが、「うーん、つかれました」と答え、今度は0号がアメリカ人男性と前を歩いているアメリカ人女性その2を指して「あの女性はあなたの姉妹?」と聞きました。女性その1は「あの男性が私の彼氏で、彼女は彼のお姉さん。彼女は東京にいたことがあるから、日本語が話せるよ」と教えてくれました。

    ほほう。そういうことだったのか。いろいろ合点がいきました。

    そして、スクール近くでは今度アメリカ人女性その2が日本語で「どうでしたか?」と話しかけてきました。0号が疲れたというと、女性その2は「わたしも。午後からは買い物に行こうと思って」と非常に流暢に言っていました。よっぽど疲れたようです。

    お昼ごはんの前に、事務所の外にある水のシャワーで海水を洗い流します。すると豪快先生がやってきて「みんな!ランチを食べに行こう!」と豪快に誘います。0号と夫は「Yeah!」といいながら先生についていきました。先生は歩きながら「私も15年前に2年日本語を習ったけど、全部忘れちゃった。」と英語でいったあとに、「忘レマシター!HaHaHa!」と豪快に笑いました。
    ま、0号なんか中学校から10年も英語習いましたけど、ロクに話せません。大丈夫っすよ、先生!

    食事をする場所はスクール隣のレストランでした。6人がけのテーブルに通されると、ほかに4人オーストラリア人の男性もきました。この人たちは上級コース受講者でした。
    朝、食事と一緒に飲み物も注文したのですが、夫は緑茶をたのんでました。来てみるとそれは日本式の緑茶ではなく、中国式のガラスのマグに茶葉をドカっといれ、お湯を注いだものでした。みるみるうちに茶葉がひらいて、マグの中がジャングルみたいになってきます。ほかのオーストラリアンもびっくりしたらしく、「それなんだ?」とか「変な飲み物」とか「おいしいのか?」などと言いたい放題でした。茶葉が沈んでいったら飲み頃ですが、茶葉の量が多すぎて全然沈みません。ですが夫は「グッド テイスト!」などと周りのオーストラリアンにアピールしながら飲んでいるのでした。

    ここのナシゴレンはちょっと味がうすく、同じくナシゴレンを頼んだオーストラリアンが0号に「使う?」と醤油を進めてくれました。夫の頼んだチキンカレーのようなものは非常においしかったです。冒険が成功した例ですね。ご飯を食べ終わると、別の場所で食事をし終えた豪快先生が「Guys!午後もサーフィンしようぜ!」と豪快に言いながら迎えに来ました。

    ところが0号、このとき何かの拍子で股関節が痛くなってしまったのです。踏み外したかなにかで。さらに、午前中のジャンプアップの腕で上体を起こす練習で腰も痛くなっていました。
    これからさらに2時間半。大丈夫なのか?!と考えながら事務所へ移動したのですが、うーんやっぱり無理だということで、豪快先生に「わたし、ここの間接と腰が痛い」と申し出ました。すると豪快先生と事務の人が、では残りの分は明日の午前中に回したらどうか、と提案してくれそれにのりました。

    着替えてから車で送ってもらいホテルへ。

    疲れた体を引きずって、おとといも行ったホテルのスパ「ローズスパ」に行きました。最初にマネージャーのアリトさんを訪ねました。「今日はどこへ行ってきましたか?」と聞かれサーフスクールに行ってきましたと夫。0号はもう疲れてしまい答えるのもおっくうです。今日はとても疲れたので、夫と二人でザ・トリートコースを頼みました。このコースにはバリニーズマッサージ、フェイシャルエステ、ボディスクラブ、フラワーバスが含まれます。時間はたっぷり2時間半!ここのマッサージをしてくれるおねーさんたちは、みんな小柄な人なのですが、結構力があります、実はおとといマッサージしてもらった直後からふくらはぎが筋肉痛になったのです。もまれすぎて。でも、ふくらはぎが痛いぐらいで、翌日のもみ返しなんかは全然ありません。おとといの反省をいかして今日は少しソフトにしてください、とお願いしました。アリトさんに前回少し痛かったという話もしたので、通達があったのか力加減が強すぎず弱すぎずちょうどよくなっていました。

    マッサージがすむと、今度はボディスクラブです。コーヒー豆やターメリック、ヨーグルトなどを混ぜた液体を体に塗ってもらいしばし待ちます。そして乾いた後にゴシゴシこすります。いかにもスベスベになれそうです。そしてフェイシャル。夫は鼻の下からあごにかけてひげを伸ばしていたので、0号ひそかにフェイシャルというよりはひげのトリートメントだな、と思っていました。
    コースが全て終了してジャグジーの部屋につれていってもらったのですが、なぜか水でした。。。

    エステが終わったあと、またアリトさんのところで世間話。免許取りに行ってぼられそうになった話から、レンタルバイクの話になったら、「私もバイク貸してるよ」とのこと。この数日でこの島の商売の仕方が少し分かった夫は「値段次第ですね(笑)」と言っていました。

    ローズスパを後にし、夕食へ。今日はレギャン通りを少し南へ行ったところにあるお店。0号はサテ(焼き鳥)、夫はチキンソテーとパスタのセットを注文しました。日本語の上手なウェイターさんにバリでの注意点を教えてもらいました。両替の話だったのですが、そこらにある両替屋ではしないほうがいいということでした。レートは良く書いてあっても、手数料をガッポリとるよ!だそうです。両替は、ホテルか銀行かクタセントラルで!この兄さん、日本語がとても上手だったので日本に来たことがあるのか聞いたところ、無いという話。バリ島ではヒンズー教徒が最も多いのですが、インドネシアで考えるとイスラム教徒が最も多いため、9・11以来アメリカや日本にいくことは難しくなってしまったんだそうです。
    そうかぁ、と納得した0号と夫。

    そういえばこの兄さん、シブガキ隊のヤっくんに似てました。
    DSC02120s.png

    ↑フォーティーンローズの玄関
    スポンサーサイト
    【2005/04/28 23:12】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    バリ島旅行記~4日目①
    今日は待ちに待った、サーフスクールの日です。
    8時45分にホテルのロビーで待ち合わせです。それまでに朝食を済ませ、水着を着て待ちました。この時間レギャン通りは通勤ラッシュで車とバイクがあふれかえっています。時間通りにくるのかなぁとちょっと不安に思っていたら、結局迎えは9時ごろやってきました。バリ人のおじさんが夫に名前を確認します。車に案内されると、すでに一人受講者が乗っていました。さらにもう一人迎えにいくらしく、車はハードロックホテルへ。ハードロックのお客は寝坊したので、そこで15分待たされました。

    リップカールサーフスクールはクタから少し北にいった、ヌサドゥアビーチにありました。スクールにつくと、スタッフと先生と思われる人たちに囲まれ、「ようこそサーフスクールへ!!!」と歓迎され、少し照れくさい0号。
    建物の中へ入り受付を済ませます。0号と夫は初心者1日コース昼食つきを申し込んでいるので、昼食の選択をしました。英語で書いてあったうえに、バリの食べ物は名前から想像がつかないので困り、結局ナシゴレンスペシャル!夫はなんか知らない名前の食べ物を頼んでいました。そういう冒険ができない0号は夫に感心し、夫はいつもナシゴレンを食べている0号に「よう、ナシゴレンばっか食べるなぁ」と感心していました。0号にとってチャーハンとはすし屋の玉子みたいなもんです。その食堂の力量をナシゴレンで測る!!

    サーフィン用のシャツとサーフパンツを借りて水着の上に着た後、念入りに日焼け止めを塗ります。顔用とボディ用に分けられており、顔用にはあらかじめ茶色い色がついていました。茶色っていうか、ミロの色です。まだ日に焼けていない0号と夫の顔に塗ると妙でした。危険防止のためヘルメットを被るのですが、ここでまた0号の頭が。。。デカ過ぎてヘルメットがありません。ようやく見つけてもらった大きいヘルメットも、どっちかというと載せるに近いような気がします。ま、ないよりましですけどね。

    スタッフに促され、スクールの事務所からビーチに移動しました。ビーチにはサーフボードに見立てたマットが敷いてあります。初心者コースは0号と夫のほかに、アメリカ人女性2人と、男性一人の総勢5人でした。先生はオーストラリア人の明るくて豪快な人でした。バリ人スタッフも5人ぐらいついています。
    豪快な先生の号令の下にまずはランニングです。当然砂の上ですし、はだしです。思わず「巨人の星」のテーマが頭を駆け巡ります。ですが距離は全然たいしたことはなく、200mかそこら走って終
    わりでした。ランニングの後はストレッチ。体の硬い夫は辛そうでした。

    講習の最初はサーフボードの種類からでした。サーフボードの下についているヒレみたいなのの数とそれによる進み方でした。今回使うボードはロングボードでヒレ1つ。浮力があるので、浮きやすくボードの上に立ちやすいそうです。そしてヒレ1つだと直進するのに適しているそうです。

    先生の説明は基本的に英語でしたが、少し日本語も話せるようで時折日本語も混じりました。大体「全然問題ナーイ!HaHaHa!」でしたけどね。
    そしていよいよマットの上でジャンプアップの練習。ジャンプアップはボードの上で腹ばいになって、腕立て伏せ用意みたいな格好をします。そして、腕で上体を持ち上げ、サッ!!!と足をしゃがんでいる状態に持ってきます。そこからゆっくりと立ち上がり、速さの調節をするのです。
    これを何度も練習します。マットから砂の上に置いたボードに変えてさらに練習します。

    陸の上ではちゃーんとできましたよ。0号も。

    しかし、水の中ではそうはいきませんでした。
    まずは腕立て用意の格好でとりあえず波に乗って進んでみよう!というテーマだったのですが、ボードの上でグラグラし、ひっくり返ります。浮力のあるロングボードなのに。
    0号が波に乗れずにいるうちに、みんなは着々と波に浮いてます。サーフィンしたいと言ったのは自分だというのに、少し後悔さえしていた0号。ようやく腕立て用意で波に浮けたときに、豪快先生が親指立てて「Yeahhhh!」と豪快に褒めてくれました。0号も一緒に親指立てて「Yeahhhh!」といいましたよ。ありがとう豪快先生。

    次は腕立て用意から立ち上がる練習です。
    これも難しかったのです。しゃがむところまでは行くのですが、そこから立ち上がるとひっくり返ってしまいます。よっぽどできないと思われたのか、0号だけはマンツーマンでした。

    ごめんなさい!!!0号サーフィンなめてました!!!
    。。。0号が悪戦苦闘している中、夫はもう波に乗れていました。
    波に乗れた人への賞賛の「ヒュ~!!」がそこかしこから聞こえてきます。

    何回チャレンジしたでしょうか。もうすぐ昼ごはんだ!というところでようやくボードに立つことができました!!!豪快先生やアシスタントの皆が「ヒュ~!!」と賞賛してくれました。陸に上がったらまた豪快先生が親指立てて「Yeahhhh!」と豪快に褒めてくれました。ありがとう豪快先生!
    naminoris.png

    ↑Yeahhhh!!!②につづく!!
    【2005/04/28 21:20】 [海外旅行]バリ島 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。