衛生兵0号のきりたんぽ
衛生兵0号の日々雑感。
PROFILE
衛生兵0号
  • Author:衛生兵0号
  • 衛生兵0の日々雑感。
    現在、ムネシゲ8ヶ月!
    今年も頼むよ、タイガース!
  • RSS1.0

  • 一行掲示板

    CALENDAR
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 引っ越しました(02/26)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月30日沼津旅行1日目その1(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月25日階段を登るの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月23日サプライズ帰省の巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月19日たまごボーロデビューの巻(06/01)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月18日いたずら電話②の巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月14日ボクも食べたいの巻(04/18)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月13日ストロートレーニングの巻(04/18)

  • RECENT COMMENTS
  • なつかしの・・・
    ミカ(11/18)
  • 引っ越しました
    熟女(11/10)
  • なつかしの・・・
    セフレ(08/30)
  • なつかしの・・・
    出会いx(08/26)
  • なつかしの・・・
    セフ(08/26)
  • なつかしの・・・
    人妻x(08/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月11日の健診の巻
    (05/11)
  • なつかしの・・・
    美容整形(03/25)
  • なつかしの・・・
    SEO対策(03/25)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    0号(04/27)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月17日まままの巻
    COMMON(04/22)
  • 育て!ムネシゲ日記 4月15日コストコの巻
    節約上手ブログ(04/19)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月30日アークヒルズでお花見の巻
    旅行マニア(04/11)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    0号(04/07)
  • 育て!ムネシゲ日記 3月28日いたずら電話の巻
    COMMON(04/06)

  • RECENT TRACKBACKS

    CATEGORY

    ARCHIVES
  • 2008年02月 (1)
  • 2007年06月 (4)
  • 2007年04月 (19)
  • 2007年03月 (24)
  • 2006年08月 (1)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (6)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (4)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (5)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (4)
  • 2005年06月 (2)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (28)
  • 2005年03月 (13)
  • 2005年02月 (2)

  • LINKS
  • COMMON室
  • COMMON'S TALK
  • 優雅なる皇帝記Ⅱ
  • 衛生兵2号の新婚つれづれ日記
  • Barn&ふひ。の部屋
  • 幕僚日誌Ⅲ
  • 幕僚日誌Ⅲ(ミラーサイト)
  • とらそざい

  • SEARCH


    カウンター


     2005.02.26:ブログ開始
     2005.10.11:カウンター設置
     この間のカウントはないです(T_T)

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    ラスベガス旅日記~最終日
    長かった旅行も今日で最後。
    本当は明日の飛行機で帰りますが、朝7時出発の飛行機なので実質本日が最終日と言えましょう。

    やっぱり旅の最後はショーでしめようやないか!という夫の要望もあり、そのチケットを取りに行くことに。
    MGMグランドホテルで行われる、ラ・ファムというショーにしました。今までショーは全て定価で観てきたのですが、実は凄いチケット屋がありました。
    その名も「TICKETS 2 NITE」。この店は当日券を半額ぐらいで売ってくれる店です。他に「TIX 4 TONIGHT」という同じような店もあります。「O」や「ミステア」、ブルーマングループなどのショーは人気だし、主催者側の意向もあるのかこれらの店にはチケット売ってないです。
    でも、「リック・トーマス」のチケットが半額で売ってましたね。
    後から知ったんで悔しいのなんのって!!

    当日券を半額で買えるとあって、店の前には行列ができていました。まずは店の中で目当てのショーのチケットがあるかどうか確認して、その後購入したかったら列に並ぶというシステムでした。
    目当てのラ・ファムのチケットもありました。夜10時半からのチケットを取りました。

    お昼ごはんは0号お気に入りのバフェの1つ、リオのワールドカーニバルバフェに行きました。ここは、料理の種類の多さが半端ないです。どこのバフェでも大概ある、和食、中華、イタリアン、アメリカンなどに加え、アフリカ料理、モンゴル料理、メキシコ料理などワールドカーニバルというだけの品揃え。あと、変わったところで、麺類を出してくれるブースもありました。うどん、フォー、ラーメンなどです。たしか6種類ほどの麺があったと思います。
    夫はそこでうどんとフォーを注文していました。どちらもそこそこでしたが。。。
    あとは、ここのバフェもデザート類がラスベガスのバフェにしては及第点でしたよ。

    食事を済ませた後、リオの名物マスカレードショー(無料)を見に行きました。
    総勢10人ぐらいのダンサー(男女)が踊ります。その間空中でも木馬や気球型の乗り物にダンサーが乗り込み、踊っています。
    本当にリオらしいショーです。おバカなノリっていうか。
    ダンサーの女性たちはとってもナイスバディです。腹筋も割れているし、無駄のない美しいからだ。。。

    しかしただ一人!太い女性が混じってました。前回9月に観たときも、彼女の太さに釘付けだったんです。またいるかなーと思ったらいました。スレンダーな女性が揃う中、一人ごっついのです。腹も割れているし、タダのおデブちゃんではないんですが、ほかのダンサーの1.5倍の足の太さ。
    で、彼女、回転が苦手です。他の人より明らかに回れていません。
    9月にも回れないっぷりを見せてもらいましたが、半年以上たった今日もやっぱり回れていませんでした。
    ただ、開脚は得意らしくて、開脚の場面では「ブンっ」と音がしそうなほどのスピードで足を上げてました。色んな意味で人に合わせられないんですね、彼女。

    そして今日は最後のウォル★マート。やっぱり買いました。大リーグカード!
    そしたら!最後の最後にイチロー選手登場!!!買い続けたかいがありました(涙)

    で、朝にチケットを取ったラ・ファムですが。はっきり言いますと、ストリップです。席が遠かったんで双眼鏡で確認しましたが、大事な部分は巧みに隠されていました。最前列の連中は「ヒュ~」なんて囃していましたけどね。見えたのかしら。

    長い間お世話になったボードウォークホテル。巨大リゾートでもないし設備もくたびれているのですが、1つ面白い物がありました。

    カジノの隣にあるバーのステージで、プリンスのそっくりさんバンドが無料のライブを行っていたのです。
    背の高さといい顔といいプリンスそっくりで、プリンス世代の夫でさえ本物と区別がつきませんでした。警備員に「本物ですか?」と質問し、ようやくそっくりさんと分かったのです。
    0号もプリンスの歌をいくつか知っていますが、本当にそっくり!
    後に調べたら、本物よりそっくりさんの方が少年隊のヒガシ似でちょっとだけカッコ良かったですね。
    このショーは本当に毎日見ましたよ。
    オススメです!
    スポンサーサイト
    ラスベガス旅日記~11日目
    今日起きたら、夫が既におきてテレビを見ていました。
    「新ローマ法王が決定するらしいで」と教えてくれたので、大慌てで0号はテレビの前に移動。0号は仏教徒ですが新しい法王誕生は見ておかないと!と思いまして。
    ま、ご承知のとおりベネディクト16世に決まったわけですが。

    世紀の瞬間をテレビで見た後、今日のテーマの「ネバダ州立大学ラスベガス校(以下ネバ大)見学」に向いました。

    ネバ大はラスベガス空港のすぐ近くにありました。以前ロサンゼルスにある、UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)に行った事があります。大学生協みたいなところに一般人も入れて、UCLAグッズを買ったものです。
    きっと、ネバ大もそんな感じだろうと予想していったのですが、なんだか「入ってくんなよ」的な空気さえ駐車場に流れておりまして。。。車も生徒専用駐車場ばかりで止めるところもないし。。。勉強しにきてる学生さんを押しのけてまで駐車はできないわなぁ、ということで、あきらめて外に出ました。

    ちょうど昼時だったのでそのままアラジンホテルのバフェへ。
    ここのバフェは0号のお気に入りです。

    だってね、肉が美味しいんです。
    そして、他のバフェはあんまりデザートが美味しくないんですが、ここはデザートもアメリカにしちゃ甘すぎない!これ物凄く大事ですね!
    いつもどおりにローストビーフにサラダ、中華料理、イタリアンなどを少しずつ皿に盛って頂きました。いつものバフェと違って、デザート分の腹を空けておかないといけないので食べすぎは禁物ですな。
    いざ、デザートの段!
    ここにはソフトクリームマシンがあります。
    他にも美味しそうなのがあるし、ソフトクリームはどうするかなぁと悩む0号に夫が
    「俺が作ったる!」、と自信満々に言います。
    「ソフトは3巻きでいい」という0号の注文に夫は、任せておけと頷き、クルクルとソフトクリームを巻きます。期待してなかったんですが、これが結構上手なんですよ。完璧に巻かれたソフトを片手に得意げな夫。
    「バイトでいくつも作ったんや」だそうです。
    ソフトクリームの味もなめらかで美味しいし、他にみつくろってきたプリンも美味しかったです。中でもオドロキだったのが、ショートケーキ!
    バフェで生クリームのケーキを食べると、大概生クリームに砂糖を入れすぎなので、とけきらないのか舌触りが悪いんです。ざらざらして。でもね、ここは違ったんです。生クリームもなめらか!
    ラスベガスのバフェにしたらデザート及第点でした。日本の物に比べればまだまだ甘いんですけどね!

    本日は色んなホテルに行きました。

    お昼ごはんアラジンで済ませたあとは、ラスベガスの栄えているあたりからはちょっと離れたところにある、リッツカールトンを見に行きました。レイク・ラスベガスというところにあります。
    これ以上ラフはあるまいという格好していたので、中に入るのは気が引けて外観だけ見ました。
    敷地内にあるゴルフ場を少し見学していると、急に芝の水やり機械が作動し、0号も夫もびしょぬれになってしまいました。
    あれはきっと、ボロをきてゴルフ場を見学する0号と夫を追い払うために違いありません。いや、絶対そうですな。

    水を掛けられたので車に逃げ帰り、今度はオーリンズへ。オーリンズでスロットに勝負を挑み、負け。
    ちっとも勝てないことに傷ついたまま、今度はトロピカーナへ。トロピカーナでは先日入り忘れたプレイヤーズクラブに入りました。ここもサンレモ同様トランプをくれました。
    非常に忙しいですが、さらにその後ベネチアンホテルへ。ここは高級なとこです。ホテルの中に川が流れていて、そこにお客を乗せたゴンドラ(船)が何艘も行きかって、こぎ手がカンツォーネを聞かせていました。
    ここでは、BE氏に会社のタバコ部屋で吸ってもらいたい葉巻を買いました。

    さらに、晩御飯はラスベガスヒルトンに行きました。先日プレイヤーズクラブに入った時にもらったクジで、バフェのタダ券もらえたのです。
    いやー、ここはキツイっす。
    美味しかったのは、レタスぐらいでしょうか。

    「こういうところもあるという経験ができてよかったやないか」と夫は前向きな意見を述べていましたが。どうりで、夕食時に空いているわけだよ、と納得した0号でした。
    ここのお土産ショップでは0.5号に「腹にプレスリーの写真がプリントしてある熊」を買いました。
    ラスベガス旅日記~10日目
    かねてより懸案事項であった、デスバレーに本日行くことになりました。
    デスバレーは訳して「死の谷」です。ま、そのとおりなんですが、0号が中学生のころ地図帳を広げその名を見つけ、「死の谷っていったいなんなんだ!!」と恐怖に震えたことを思い出します。

    デスバレーはラスベガスから車で2時間半。なのですが、昨年大洪水があったらしく、なんと通行止めが!!!
    通行止めという看板を見逃して、前を行くトラックの後をずっとついていったら、道の真ん中にお兄ちゃんが立っていました。
    そして「この道はクローズだよ」と知らせてくれました。前のトラックは洪水で壊れてしまった道路の復旧作業のトラックだったのですなー。
    で、お兄ちゃん迂回の仕方を教えてくれたのですが、呼びかけが「Boy」でした。ボーイって歳じゃないんだよ、お兄ちゃん。うちの夫はね、今年34にもなるんだからオッチャンだよ。
    当の夫は道順を覚えるのに必死で、Boyと呼びかけられたことも気がつかなかったようです。

    迂回に結構時間がかかってしまい、デスバレーの入り口に着いたのは出発してから3時間半後でした。

    デスバレーは不毛の地と聞いていたのに、洪水の影響か黄色い花さえ咲いていました。お花畑みたいでしたよ。
    バッドウォーターを目指し、車を走らせると段々道の脇に広がる地が白くなって来ました。「おおー、アレが塩か!!!」と感動する0号と夫。車を降りて、道の脇におりて白い地面を歩きます。しゃがんで見てみると塩の結晶が見え、舐めるとやっぱりしょっぱい!
    車の中から眺めているとまるで雪化粧のように見えるのですが、外に出たら炎天下!!見た目と現実のギャップに倒れそうです。

    バッドウォーターは本当に見渡す限り、塩でした。一部分水みたいなところもあるのですが、それも全て塩水。
    喉がカラカラでようやくたどり着いたと思ったオアシスの水が塩水だったら、ショックだろうなーなどと考えながら写真撮影しました。見た目には雪国のようですよ。
    その後、「悪魔のゴルフコース」と呼ばれるポイントを目指し、ドライブ。
    悪魔のゴルフコースはバッドウォーターよりもさらに強烈でした。
    3月末のスキー場の駐車場みたいな感じでした。塩の山(30cmくらい)が至る所にボコボコできているのです。ところどころ土の色なのか茶色くなっていました。こんなとこでゴルフしたらボールがどこにバウンドするかわからないですよ。まさに悪魔ぐらいしかゴルフできないような場所でした。

    悪魔のゴルフコースを見た後、ファーニスクリークへ。
    ファーニスクリークにはホテルやレストラン、ゴルフ場などがあります。
    そこにある、49sというレストランで昼食を取りました。
    そういう観光地に1箇所しかないレストランともなると、値段は高いのにあまり美味しくない、という現象が多々見られるのですが、このレストランは違いました。
    夫はバッファローのハンバーガー、0号はターキーのサンドイッチを注文しました。量が多いのは始めから承知だったのですが、その美味しさに感動!暑さと長時間のドライブに少々疲れていた0号と夫もここで生き返ったのでした。
    美味しい食事を済ませ、またドライブです。
    今度は砂丘を目指しました。0号は鳥取砂丘にも行ったことが無いので、すっごく広い砂場みたいなもんかなぁ程度のイメージを持っていました。
    実際砂丘に近づいてみると、その風紋が非常に美しく、砂を手に取るととサラサラと指の間を砂が流れていきます。ちょっと感動しました。
    砂漠を後にして、あとはひたすら車を走らせラスベガスへと帰りました。
    デスバレーに行って帰ってくる間に、給油3回!長時間のドライブでした。

    帰りに日本人が経営しているという「ナカタマーケット」に寄りました。おにぎりやお茶も売っているという触れ込みでした。
    ラスベガスに住んでいる日本人向けのお店なんだろうな、という感想です。あまり品揃えがいいとは思いませんでしたが、甘いソーダや薄いコーヒーにちょっと飽きてきていた0号と夫は、日本の缶コーヒーとペットボトルのお茶を買って出ました。
    やっぱりお茶は美味しいですな!!!
    コーヒーはブラックが好きな0号ですが、缶コーヒーの懐かしい甘さにちょっとほっとしました。

    ナカタマーケットを出た後、いつものウォル★マートへ。
    今日も日課の大リーグカード、サラダ等を購入しました。
    で、今日はなんと!松井秀喜選手のカードが出ました!!!

    部屋で思わず歓声をあげる0号と夫。
    あとはイチロー選手が出るのを待つのみです。

    ちなみに、ペドロ・マルチネスが何枚かでているんですが、ペドロ・マルチネスとフェイエノールトの小野伸ニとブリトニー・スピアーズは似ていると思いました。
    ラスベガス旅日記~9日目
    えー、サーカスサーカスというホテルがあります。
    大人をターゲットにしているホテルが多い中、子供もガンガン来いや!という子連れにとってかなりありがたいホテルです。無料のサーカスがあったり、室内遊園地があったり、本当に子供と大人が楽しめるホテルですね。
    今日は日曜日なので、サーカスサーカスの高級ステーキハウスでシャンペンブランチバフェが開催されます。これはそこらのバフェと違って、ステーキは本格的にオーダーを受けてから焼くというもの。カニやカキ、サラダなどといったいつものバフェメニューももちろんあります。
    肉好き0号がそれを逃すわけがありません。もちろん参加!!

    値段は高級ステーキハウスだけあって、高いんですがね。。。

    入ってみると、意外に薄暗い店内。薄暗さも高級感をかもし出しています。席に通され、しばらく待つとウェイターがステーキの注文を取りに来ました。もちろん、下調べで一番高かったフィレミニヨン!を二人とも注文しました(貧乏性ですか?)。焼き方は0号がミディアムレア、夫がレアで。肉は火を通しすぎると美味しくないよねー!というのが0号と夫の主張です。
    肉と飲み物を注文した後に、シャンペンのボトルを開けてもらいました。一人1杯かなぁと思っていたら、1グループに1ボトルでした。午前中から飲みすぎですね。

    肉が焼かれている間に、他のバフェのメニューを見て回りました。で、カニを見てビックリ!カニがあるという情報は事前に仕入れていたのですが、通常のバフェにあるような足の部分ではなく、爪の部分のみです。爪のところの殻を半分に割ってあり、身がポッコリ出ているという非常に食べやすい状態にしてありました。足だとほじくったりなんだりで面倒ですが、ここのカニはあまりの食べやすさに沢山取ってしまいました。

    そして、肉が運ばれてくると、意外にも肉が小さくて「。。。あれ」でした。アメリカ人がこんな量で満足するわけがなかろう?!という量です。ま、高級ステーキ店なんでお上品な量ということでしょうか。しかし、味は良かったです。他のメニューも総じて満足!ですね。

    サーカスサーカスを出た後、ラスベガスモータースピードウェイでゼロヨンを観戦!
    モータースピードウェイはラスベガスの北にあります。空軍基地を1つ越えます。
    ゼロヨンは400mを猛スピードで2台もしくは1台の車やバイクが走るという競技です。

    砂利の敷き詰められた駐車場は広大で、競技場が小さくに見えるねぇという遠さ!
    しかも本日良い天気!!
    炎天下の駐車場をフラフラと歩いていると、ある家族がキャンピングカーでやってきてBBQをしているのが見えました。「早く焼かないと肉が腐りそうだよ」と思いながらその家族の前を通りがかると、そこのお父さんが夫に声を掛けます。
    「こっちに来いよ!」
    夫が言われるままに近づくと、お父さんはドーナツの載った紙皿を夫に持たせました。ドーナツ山盛りです!10個は余裕で載ってました。
    「これやるよ!」(おそらく)とお父さんに言われ、夫はさわやかな笑顔で
    「Thank You!」
    コラ~っ!サンキューじゃねぇええ!!!
    どう考えたって2人で食べられる量ではありません。
    しかも見た目は溶けた砂糖でテラテラ光っていて、激甘なのは食べなくたって分かるほどです。ドッキリかと思いましたが、仕掛け人も出てこず。
    お父さんも満足顔で手を振って見送るので、返すわけにもなんだかいかず。そのままドーナツ10個を抱えたまま、入場しましたよ。

    やっぱり山ほどのドーナツを抱えて企業の展示ブースを歩く日本人は、人々の目に奇妙に映るらしく、驚かれたり、振り返られたりしました。
    ある人は1個とるようなしぐさをしたので、「全部どうぞ」と言ったら、「いらないいらない」と逃げてしまいました。
    とにかくこのドーナツを何とかしなければならない!と必死な0号と夫。「家族連れをさがせ!」と夫。でも、家族連れが謎の日本人が差し出す大量のドーナツを受け取るとは考えにくいですわな。
    私が家族連れなら、絶対受け取らないし。(夫は受け取りましたが。。。)
    展示ブースも終わりに近づき、競技場が目の前に。ドーナツをもったまま入るわけにもいかないので、たむろっていた警備員に満面の微笑を浮かべながら「これどうぞ」と差し出しました。
    警備員、かなり戸惑いながらも「。。。Thank You」と受け取ってくれました。いやー、本当に助かりました。
    絶対食べなかったろうと思いますが。

    ゼロヨンは凄い迫力でした。競技場に近づくにつれ大音量のエンジン音が聞こえていたのですが、目の前に来ると鼓膜が破れるかというほど!!!
    90度、15度、75度の三角形の車体ににタイヤをつけたようなのが、猛スピードで走るのですよ。しかも、400mを4秒台で走るので、ブレーキでは到底止まる事ができず、パラシュートで止まります。
    エンジン音はそれこそ爆音なので、スタートした瞬間振動で視界がゆれます。置いてあった缶やビンがいくつも転がり落ちました。
    あんな大音量を聞いたのは、6年前の富士総合火力演習以来です。
    あのときは戦車が弾を発射するたびに、オドロキのあまり肩が勝手に上下して、肩の靭帯を痛めたものです(過去に痛めたとこです)。
    今回は音が出るタイミングを見計らって耳をふさいだので、大丈夫でした。
    子供たちも沢山観戦に来ていました。耳栓はしていましたが、小さいうちにあんな爆音聞かせて平気かなぁとちょっと心配でした。

    イベント盛りだくさんのこの日はショーも見ました。
    ラスベガスでも大人気の「O(オー)」です。シルク・ド・ソレイユのショーです。日本でもサルティンバンコや、アレグリアでおなじみですね!
    3回目のラスベガスでようやく観ることができました。

    これもいつもどおり、観に行く人もいるでしょうから中身は書きません。
    でも、シルク・ド・ソレイユってホント、世界ビックリ人間ショーみたいだと思いました。
    ラスベガス旅日記~8日目
    「アメリカのパソコンショップが見たい!」と夫が言い出したので、今日はパソコンショップ探しからはじめました。
    「どこかでCOMP USAという看板を見たんだけどなぁ」という夫のあいまいな記憶を頼りに、車を走らせます。
    そういえば、そんな看板もあったかなと0号も記憶をたどりました。1度しかその看板を見た覚えがなかったので、ウォル★マートに行く途中の道ではないよなぁ等と。
    ゴルフを見に行った道順や、球場に行った道順など1度しか通っていないと思われる道を車で走りながら、目を皿のようにして探しました。
    結局中華街に行く途中の道にありました。見つけるまで30分以上かかりました。最終的には0号の動物的カンと視力のおかげといっても過言ではないですよ、まったく。

    COMP USAに売っているものは日本と大差ないのですが、日ごろひいきにしているパソコン屋(カメラ屋)のところ狭し!な商品陳列を見慣れているので、なんだか品揃えが薄いような気がしました。

    別に買いたいものも無かったので、パソコンショップはとっとと出ました。

    次に向かったのが、サンレモホテル。サンレモはラスベガスで唯一日系の企業が経営しているそうです。じゃあ、プレイヤーズクラブに入っておくか!ということで。
    ちなみにプレイヤーズクラブというのは、カジノで遊んでポイント貯めて景品もらうっていうものです(大方そんな感じです)。ですので、あんまり色んな所で作らず、同じ系列のホテルのカジノで遊んだりしていたほうがポイントは貯まり易いと思うのですが、夫はどちらかというとカードを集めることが目的になってましたね。ま、ただで作ることができるので。
    入会した時点で色んなクーポンをくれたり、カジノトランプやカップをくれたりするところもありますねぇ。ちなみにサンレモではトランプがもらえました。

    ほんとはサンレモにある寿司店で食事したかったんですが、夕方にならないと店が開かないのであきらめて、別の寿司店へと行くことにしました。

    その名も「大阪」。
    普通の握りを食べようとしていたのですが、日本人のバイトの女の子が「こちらでしか食べられないものを召し上がったほうが。。。」ナイス助言!ありがとうバイトの女の子。
    そこではっっと目覚めた0号と夫は、ちょっとピリ辛でサーモンやアボカド等のロール(巻き寿司)「六本木」と、うなぎと海老天が巻いてある「ウルティメイト大阪」を注文しました。あとは、夫の便秘対策の海草サラダですね!

    大阪でアメリカンな寿司を食した後、日課であるウォル★マートで、野菜と大リーグカード、サプリメントを購入しました。

    そういや武富士クラシックの最終日だということで、ラスベガスヒルトンの駐車場へ。おとといは予選でしたが、今日は最終日なのでレベルの高い戦いが見られるはず。しかも、スコアの良い人たちが最終組のほうにいるので、昼過ぎはちょうどいい時間と言えましょう。

    この試合にはカーリー・ウェブ選手が出場していました。「あのカーリー選手が!」と日本選手そっちのけで彼女の出番を楽しみに待つ0号と夫。カーリー選手が出てくるまでは、もちろん他の選手のスイングやパッティングを観察していましたが、次第にファッションチェックになってました。
    「あの人はファッションリーダーじゃないだろうか」「いや、まだまだ」など、ちゃんとプレー観てろよ!と叱られそうな態度ですな。
    目的のカーリー選手のプレーを見届け、ラスベガスヒルトンを後にしました。やっぱりプロは寄せとパッティングの正確性がスゴイです。絶対にボールをピンに絡ませてきますからね。パット イズ マネーとはよく言ったものです。

    夜は、ハードロックホテルに繰り出しました。
    サタデーナイトなんで、それぁ凄い人出でしたよ。ハードロック!
    敢えて今までカジノの勝敗を書いてきませんでしたが、実はチマチマやってました。負けてばっかりだったんで、書かなかったのです。
    ところがこの日は!夫がハードロックにある25¢のスロットで1600枚出したんですわ!
    $400ですね。日本円で4万ちょっと!その一方で負け続ける0号。
    ギャンブルの資質が無いとしかいえません。あーあ。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。